ドイツ用変圧器や変換プラグについて

コンセント

ドイツのコンセントは日本用のプラグは使えません。ドイツのプラグはcタイプといって、コンセントが丸い形のものになります。

 

ドイツ旅行でコンセントを使う製品(iphoneやデジカメ、ノートpcなど)を持っていく場合はこの変換プラグが必須となるので購入しておきましょう。また、電圧も日本とドイツは違うので注意が必要です。ドイツの電圧は230ボルト、50Hzです。

 

 

よく間違える点として、変換プラグがあればどの日本製品でもドイツで使える!という勘違いです。持っていく製品がドイツの電圧(230v)に対応していなければ、変換プラグがあったとしても使うことができません。

 

電圧が対応していない場合は、変圧器も必要となってくるのです。対応電圧は、製品にしっかりと記載されているので、ドイツへ持っていく場合は、230vに対応しているのかをしっかりと確認しておきましょう。

 

因みに、変圧器は容量によりますが、かなりの重さになるので電圧だけでも230vに対応している製品を持っていったほうが楽ですよ。変換プラグは軽いので持っておいて問題ありません。

 

但し、ドイツとイギリスは変換プラグの形が違うので、ヨーロッパの国を複数旅行する場合はワールドタイプの変換プラグを購入しておくといいでしょう。


 

矢印 海外旅行の必需品!クレジットカードよりお得なもの。

 


 




このページの先頭へ戻る