空港から入国する場合は関税申告すべきか?

外国のお金

ドイツへ入国する時、特にフランクフルト空港から入る場合には注意が必要です。というのも、課税対象外のものであっても、課税されるというケースが報告されているからです。

 

ドイツの場合は、機内持ち込み荷物が430ユーロ未満の物品であれば不申告の関税ゲートを通ることができます。

 

例えば、デジカメやiphone、ノートパソコンなど旅行するにあたって必要となる製品で430ユーロ範囲内であっても、課税されてしまうことがあるのです。これは、はっきりとした線引きがされていないため、対応が難しいところです。

 

 

もし、課税不申告と言われた場合には「購入後1年経過している証明書」「日本へ持ち帰る証明」を見せなければならなくなります。証明できなければ、罰金が課せられます。果たして、日本へ持ち帰る証明なんてできるでしょうか?

 

また、1年以上前の領収書などを持っているでしょうか?なかなか難しいですね。

 

課税される人というのは極わずかで、それがたまたまニュースになったりしているだけで、普通に持ち込みしている人のほうが圧倒的に多いです。ですが、ちょっと心配になるところです。

 

対応策としては、疑われるようなものはドイツに持ち込まないようにするか、最初から課税対象品として持ち込むかになるでしょう。デジカメと一眼レフのカメラを持ち込んだり、ノートパソコンを2台持ち込む場合とかは注意したほうがいいでしょう。

 

詳しくは、在ドイツ日本国大使館のドイツの国際空港における税関検査に関する注意事項を読んでおきましょう。


 

矢印 海外旅行の必需品!クレジットカードよりお得なもの。

 


 




このページの先頭へ戻る