ドイツの鉄道の乗り方

ドイチェバーン

 

ドイツの鉄道はドイチェバーンという鉄道会社が運営しています。「DB」という赤文字のマークが特徴です。日本と違って駅には改札がなく、ホームまで切符がなくても入ることができます。

 

ですから、普通列車などで短時間電車に乗るだけであれば、タダで乗れてしまいますが、抜き打ち検査があるので無賃乗車は罰金となります。改札がなくても切符はしっかりと買いましょう。普通列車に乗る場合は駅の販売機で購入します。

 

また、長い間ドイツに滞在するのであれば、バーンカードを購入しておくと鉄道料金が安くなります。バーンカードを持っておくと、すべての料金が25%オフになるので利用しておきたいパスです。


長距離列車・特急電車に乗る場合

長距離列車である「ICE」「IC」「EC」は特急列車なので、切符を購入しておかないといけません。この3つのタイプの特急列車はネットからでも事前購入ができます。

 

また、新幹線的な位置づけのICEは、3日前までに購入すると早割という制度があり、早ければ早いほど割引率が高くなります。早いもの勝ちなので、割引率が大きいものから埋まっていくという仕組みになっています。

 

旅行が早めに決まっているのなら、事前に購入しておくと、お得に切符を買うことができますね。

 

英語やドイツ語がわからないならレイルヨーロッパ(日本語版)を利用すると便利です。ジャーマンレイルパスについてはこちらで解説しています。


 

矢印 海外旅行の必需品!クレジットカードよりお得なもの。

 


 



このページの先頭へ戻る