ドイツのチップについての細かい習慣

オープンカフェとウェイター

ドイツではサービスしてもらったものに対してチップを払う習慣があります。つまり、サービスをしてもらったもの以外は払わないという考え方でいいでしょう。

 

例えば、cafeやレストランのウェイターや美容室の店員、ホテルのルームサービス、タクシーの運転手などには支払います。日本ではありえませんが、トイレなども入り口に店員がいるとチップを払う必要があります。

 

逆にサービスが悪かったり、サービスしてもらっていない場合はcafeでもどこでも払わなくて問題ありません。

 

アメリカなどへ旅行すると、部屋の掃除やベッドメイキングのお礼として枕にチップを置いたりしますが、枕銭はドイツではしません。ホテル代にサービス料金が含まれているからです。

 

レストランでのチップの渡し方は、担当のウェイターに会計料金を払う時に一緒に渡すか、会計時にテーブル上に置かれるトレイの上にお釣りだけ置いて店をでるかどちらかになります。

 

カードで支払うときには飲食代とチップ代を書き込む欄があります。そこにチップ代を書き込むといいでしょう。また、チップだけを現金で払うことも可能です。


ドイツのチップ代の相場は?

チップの相場は支払い料金の約10%です。チップはサービスマンの報酬となります。10%以上のチップを支払うとサービスに満足した証として伝わります。

 

ですがきっちり10%を毎回支払わなくても良く、アバウトで問題ありません。5%〜10%以内で考えておくといいでしょう。キリがいい金額を支払うとスマートでいいですよ。

 

例)cafeでコーヒーを飲んだ場合
飲食代が6.5ユーロなら7ユーロ払えばいいでしょう。


 

矢印 海外旅行の必需品!クレジットカードよりお得なもの。

 


 



このページの先頭へ戻る