ドイツの年越しは激しかった!

花火

ドイツに住んでいたわけですが、私の場合はハンブルクという街で年を越しました。

 

年末のカウントダウンがドイツではものすごい盛り上がりをみせます。ハンブルクの中心地である中央駅の向かいにある湖のほとりにはたくさんの人が集まり、年を越した瞬間みんなが一斉にロケット花火をそこらじゅうに打ち上げていました。

 

20代が多いのですが、なんともものすごく怖かったのを覚えています。ロケット花火というのは普通は空に打ち上げるものですが、そこらへんの通行人に向けて打ってくるんですね。

 

たくさんの人がその行為を行っているので、いつ自分の方へ飛んでくるのかとヒヤヒヤしていました。

 

 

基本は人ごみには打ち込んでこないんですが、みんな大騒ぎで盛り上がっているので、自分のいる場所へ飛んできてもおかしくないからです。私は当たりたくないので、できるだけ人ごみに紛れていましたが、それはなかなかの衝撃でした(笑

 

目の前ではロケット花火が体に当たって倒れている若者がたくさんいましたからね。アジア人は目立つので狙われるのも嫌だったのです。私の印象ではトルコ人っぽい人がよく狙われていた印象があります。

 

 

危ないと感じたので、しばらくして別の場所へ移動しましたが、なんせ冬のドイツですから寒くて、しばらく散策して先輩とともに自宅へ帰りました。なんだかんだで各お店はそれぞれ盛り上がっていましたけどね。

 

やっぱりカウントダウンは盛り上がりますが、年を越すと後はバカ騒ぎってな感じでした。もうちょっと大人っぽい場所だと雰囲気も違うのかもしれません。日が明けて正月は街中静かなものでした。日本とはやっぱり違うな、という記憶があります。

 


 

矢印 海外旅行の必需品!クレジットカードよりお得なもの。

 


 




このページの先頭へ戻る